ジャン・ピエール・パパン

ジャン・ピエール・パパン(Jean-Pierre PAPIN)は、フランス・ブローニュシュルメール出身のサッカー選手。

国籍 フランス

生年月日 1963年11月5日

出身地 ブローニュ=シュル=メール

身長 177cm

体重 70kg

ポジション FW


1979-1981 ヴァランシエンヌFC

1984-1985 ヴァランシエンヌFC

1981-1984 INF(国立サッカー学院)ビシー

1985-1986 クラブ・ブルッヘ

1986-1992 マルセイユ

1992-1994 ACミラン

1994-1996 バイエルン・ミュンヘン

1996-1998 ボルドー

1998-1999 EAギャンガン

2009- ファクトゥール・ビガノ

フランスの華麗なシャンパンサッカーを代表するセンターフォワード。 マルセイユ所属時の1987-1988シーズンから5シーズン連続で得点王を獲得するなど、 生粋のストライカーと呼ぶにふさわしい選手であるといえるでしょう。

選手としてのキャリアは、最初は地元の2部クラブ・バランシアンヌに入団したところのに始まり、 1985-1986シーズンにクラブ・ブルッヘへの移籍を皮切りにすさまじい活躍を見せて、 カップ戦優勝の立役者となり、自信も得点王を獲得する。

代表デビューは1986年2月26日の北アイルランド戦で同年のメキシコW杯にも出場し得点を 挙げるなど将来を期待できる門出であったが、W杯に関しては、1990年のイタリアW杯も1994年 のアメリカW杯も、フランス自体が出場権を逃がした為、これが最初で最後となってしまった。

マルセイユへ移籍を果たした1987-1988シーズンからの5シーズンは5年連続で得点王に輝くとともに、 リーグでは4連覇を達成。1991年にはFIFA選出の最優秀選手や、バロンドールを受賞するなど、 自信にとってのピークの年といえるシーズンで、ワールドクラスのストライカーとして大活躍していた。

更に1992年から所属したイタリアのACミランでは2度のリーグ優勝や欧州チャンピオンズカップ優勝 などに貢献し、全盛期から円熟期を最高の形で迎えたといえる。

1994-1995シーズンからはドイツ・のバイエルン・ミュンヘンに所属したがこれといった活躍は無く、 その後フランスに戻り、ボルドーやギャンガンに在籍したものの、全盛期の切れは無いまま終わり、 1999年に引退している。

その後監督などを努めていたが、なんと2009年にフランス地域リーグのファクトゥール・ビガノで 選手として現役復帰し話題になった。特に身体が大きいわけではないのですが、飛び込むタイミングや、 シュートに行くまでの早さ、身体の向き方はまさに一級でしたね。

さらに彼の代名詞ともいれるオーバーヘッドは難しさを感じさせるこがないくらい自然にボールにミートし、 強烈なシュートをゴールネットに突き刺していました。

このような特にフィジカルに恵まれているわけではないプレーヤーのプレーは、 海外選手に身体能力で劣る日本人選手が、そのシュートの正確性や、ボールを持つ角度やタイミングなど、 積極的に学ぶ所の多い選手だと思われます。




| バロンドール受賞選手名鑑 TOP | ページのトップ▲ |

Copyright © 2009 バロンドール受賞選手名鑑. All rights reserved